心理カウンセラー・中井亜紀

<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧




偶然の産物

b0207514_17344222.jpg

どなたか新しい記号として認定してください。

偶然できたものには勝てないなぁと思ってしまいます。

直線と曲線がなんとも美しい。

端と端がくっつきそうでくっついていないところもいいですねぇ。




今日のお昼ご飯は明太子スパゲッティでした。

お鍋からボールにスパゲッティを移す時に

ポロリしてしまった1本ですね・・・






「自分が変われば周りも変わる」

これが今、目の前で繰り広げられています。

不思議な気分です。

力ずくで相手を変えようとしていたときは、

変わらないことにムカついたりイライラしたり逆ギレしたりしていました。



それが自分が変わったことによって

拍子抜けするぐらいあっさりと

周りが、環境が、現実が、

変わっていっているのです。



おや、まあ。



自分が変わると言っても

自分が自分らしく、本来の自分に戻っていく感覚です。

私自身、自分が激変した感じはしませんが

ふと立ち止まって周りを見渡すと

関わっている人たちや自分が心地良いと思う言葉や環境・モノなどを通して

「なんか変わったのかもな~」

そう言えばそうかな~ぐらいですかね 笑



今でこそこうして簡単に文章で

「自分が変わると相手・周りが変わる」とすんなり書いていますが、

自分と向き合う

自分の感情を無視しない

ということをFAITHでかれこれ1年以上学ばせていただいているから

当たり前のように書けるのかもしれません。



最初は自分と向き合うことが怖かったです。

今でも時々怖くなって「もう向き合わなくていいや」ってなります 笑

怖くないのになんで怖いと思うんだろう。

きっと自分が自分らしくなって幸せになることによって

誰かを傷つけたり悲しませたりするんじゃないか。

と心の奥底で思っているのかもしれません。

実際そんなことはなく、

自分が幸せになるとなぜだか周りも自動的に幸せになるんです。

ふ~し~ぎ~!



知っているようで実は意外と知らないご自分のことを知るきっかけに。

カラーボトルセラピーもおすすめです。



by kapparinrin | 2012-03-12 18:15 | Trackback | Comments(0)

あえて仙台へ

あの瞬間はすぐに思い出せる。



視覚

温度

緊張感

恐怖

とにかく鮮明すぎる記憶。




正直、

今日は仙台に行くか迷った。

体調も絶好調ではなかったため

目覚まし時計も止めてゆっくり寝た。



午前中、

なんとなく心ここにあらずで仕事をしてみる。

「あ~もうワークショップ始まったんだなぁ」

そろそろお昼ご飯の準備でもしようかというときに

父から「今日どこか行くんじゃなかったっけ?」



なんだ。

私は行きたかったのではないか。

行って何かを確かめたかった。

怖い気持ちもあるけど、それ以上に行きたい気持ちのほうが大きかったのか。



そんなわけで申し込みしてないけどワークショップ行っちゃえー!!!

FAITH主催のワークショップ参加のため、仙台へ。



もちろん遅刻。

「来ちゃいました~。」

と先生方や仲間たちに、てへへ♪というかんじで挨拶すると

「うん。来ると思ってた」

という反応。

申し込みもしてないし、私としてはサプラーイズ!!!的なところもあったのに

そういえば誰も驚かなかった 笑



心静かに黙祷をし、

あらためて今生かされていることへの感謝。



ワークショップ終了後、

放課後みたいに帰る準備をした友達が集まってきてくれたり

みんなでワイワイできることが学校みたいで懐かしくてうれしかった。



なぜかテレパシーで、行くのがバレバレだったけど

本当に行って良かった。



何かを確かめたかった。

バッチリだった。




お昼ご飯にハンバーグとエビフライを食べて

お腹がいっぱいだというセラピスト仲間二人にご飯行こうと誘い

(私は車の中でパンしか食べていなかったため超空腹)

仙台名物牛タン屋さんへ。


お腹がいっぱいだと言っていたお二方も

牛タン定食、完食。

見事。



by kapparinrin | 2012-03-11 22:16 | Trackback | Comments(0)

後厄でした

1月私の誕生日会でかんことぴんこから

「アキさん厄年なんじゃない?」

そういえば昔1回行ったっきり厄払い行ってなかったな~。


それからまたスポンとそのことを忘れ、

一昨日偶然インターネットで「厄年」という言葉を見つけ

厄払いの年齢を調べてみたら、

あれまあ、今年はすでに後厄だ 笑

前厄と本厄、行くの忘れたわ。



確かに一昨年(前厄)では車がスリップして雪の壁に突っ込んだ。でも無事で良かった。

去年(本厄)は大震災はあったけど、それ以外は最高にイイ1年だった。

今年(後厄)有終の美?終わり良ければ全て良し?ということでせっかくだから厄払い行ってこよう。



ちょうど厄払いに伺った日(昨日)は満月でした。


お払いの前に

お参りしようと穏やかな日差しの中

ゆっくりとお参りさせていただきながら、

肩と背中がじんわりと温かくなっていくのを感じました。

「あ~安心」と思える暖かさと温かさ。



神主さんがとても人間味あふれる方で

お払い終了後に一言添えてくださったお言葉がとても心に染みこんでいきました。

ありがとうございました。



待合所に戻ると

次のお払いの順番を待ってらっしゃる方々の中に

あれ?県知事!

私が一方的に存じ上げているだけなのですが

ニコニコしながら会釈したところ、

誰かしら???という不思議そうなお顔で県知事がぺこりとしてくださいました。



お守りなどいただき

家に帰って開けてみたら
b0207514_1401621.jpg

でん六豆(山形のお菓子)も入ってたー!!!

御利益♪御利益♪

とかなりのピーナッツ量を消費しました・・・

今朝、あごにあやしい赤っぽいものが・・・



でも今日もでん六豆食べちゃおうっと!



by kapparinrin | 2012-03-09 14:08 | Trackback | Comments(0)

自由な朝

昨日の夢の中で、

母にコントロールされているような

無言の圧力をかけられているような、

それに対してイライラする私。

しかも母が直接私の様子を見に来るのではなく、

弟に私のところへ来させて様子見させることに対してまたイライラ。



懐かしいけどかなり不快な感覚。

よくあったこういうこと。

今思えば母も私もお互い言いたいことを直接言わなかったなー。

こんなにあんなに母のことを大好きな分、

その反対側の気持ちも大きく存在したのです。するのです。



でも、

目が覚める前に

「これは夢で、私はもう母の支配下にはいないんだ。

寂しいけど母はいないし、私は自由なんだった。」

と自分は自由なんだと夢の中で再確認しながら目が覚めた。



そしたら

不思議なことに

目覚まし時計より早く目が覚め、

いつもより睡眠時間も短めだったのに爽やかな目覚め。



そして

なにより

身体が軽い。



「そうだった。前は母とそういう不快なやり取りをしてたな~」

振り返るとともに再び「自由」というキーワードを味わう。

「そうか。私はもう自由なんだ」



今日をきっかけに

見事なまでに

いろいろな変化が起こりそうな具体的な出来事が繰り広げられてびっくり。

でも以前と違って、全然怖くないし流れに任せる安心感がある。



大丈夫なんだね~。

すごいわ~。



そう言えば

「au」のCMでも「自由」だ。

自分で選んで進んでいいんだね~。



by kapparinrin | 2012-03-07 14:31 | Trackback | Comments(0)

Rebirthing

ニューヨークに住んでいる弟に教えてもらった

MICAさんの『リバーシング』を受けに東京へ行ってきました。
(MICAさん、i-healingさん、ブログお借りします)

東京15時間滞在・・・



MICAさんもニューヨークにお住まいですが、

今回は東京でセッションを開催されるということで

私も思いきって申し込みました!

実際は弟が背中を押してくれ「誕生日プレゼントでセッション代出してあげる」と

ありがたい申し出があったのでお言葉に甘えて申し込みさせてもらいました。




リバーシングに関しての知識が

「過呼吸状態でのセッション」

「カニみたいな手になる」

ぐらいしかなかったので、

かなり前から緊張していて

セッションの前日には夢にも出てきたぐらいです 笑



リバーシングは英語で「Rebirthing」と書くんですね。

なるほどー!

私は「リバースする」→「食べたものを吐く」→「感情を吐き出すってことか!?」

やだー!私ったらアバウト過ぎ。

やっと納得いきました。




そうです。

まさに「Rebirthing」でした。



MICAさんとは初めてお会いしたのですが

お会いした瞬間からものすごい安心感で

「あ~またお会いしたいなぁ」

と最初から思ってしまったぐらいです。



初めに足マッサージを受けながらのセッション。

私の足を触っただけで

「ずっと休んでた?」

な~ん~で~わかるんですか!?

最近も冬眠してましたが、

MICAさんは私が自分のやりたいことをやらずにいた今までのことずっとを

「休んでいた」と表現されました。

自分を休んでいた、ということか。

見かけは自分だけど。



私が一方的に自分の話をベラベラ(しかも山形弁全開。以前は東京行ったら標準語になったのに)

そのなまりベラベラの私の話も理解してくださり、

「今日はお母さんに関してやっていこうね」

とズバリ。



いよいよ初めての意識的に起こす過呼吸です!

超緊張!

息を吸ったらすぐに吐くことを繰り返します。

けっこう大変で

口が渇き、暑くて汗が出て、

そのうちに身体がズシーンと重く痛みを感じ動かせない状態になりました。

私は特に手と足とひざの後ろ辺りが痛くて痺れました。

その痛みは私がずっと無意識のうちに我慢していた感情です。

それらがようやく痛みとして表れてきてくれたのだそうです。



今までもいくつものセッションで

大きなキーワードになったのが

「母」

「自分の人生を生きる」

この二つは私にとってかなりの割合を占めるものです。

まだまだいろいろ我慢している感情があるんだな~。




私、ずっと母が喜んでくれるようにがんばってきた。

これなら母が喜ぶのではないかという選択をしたり行動したり。

でもずっと母には認めてもらえていなかったような気もしていた。

私に対する愛情さえもどこか疑っていた。

なんでこんなに早く死んでしまったの?

私だってがんばってたんだよ。

生まれたときからずっと大好きだし、お母さんの子どもに生まれて良かった。

母のお見舞いに毎日行けて良かった。けど余命のことは伝えてなかったから母の前で普通でいるのがつらかった。

母の前では絶対に泣かなかった。母が見えないところではいっぱい泣いた。

母も子供たちの前では気丈だった。それは私たちのことが大好きだから。

たぶん私のことが一番心配だった。

母も素直じゃなかったけどもう十分わかったら母のことも許す。受け入れる。

これからも心配かけるけどよろしくね。

私はこれからやりたいことをやっていく。

何をしてもいいんだよ。失敗してもいい。何も恐れるものはない。間違えても大丈夫。

なんだっていい。全部引き受ける。

私から私へ「全然大丈夫だからもっと素直に生きて大丈夫だよ。何も怖くない」

私が家族のことを大好きなように家族も私のことを同じように想っている。

応えようとするのではなく自分らしく生きること。

失敗を恐れないこと。

がんばらなくていい。

これからはどんな私でも受け入れる。

どんなへんてこな私でも受け入れる。

母も私のこと大好き。



おおまかにはこんな内容。

意識はあります。

過呼吸版ヒプノセラピーみたいなかんじ。

最近泣けなかった私の頬に涙が自然と流れていました。



時々MICAさんが優しく額をなでてくださったのが

まるで母のようで、

ものすごく懐かしい感覚に。



初めて自分のエネルギーの形?

自分の身体の形をしているエネルギーを感じました。

不思議だった~。



過呼吸状態からゆっくりと普通の呼吸に戻していくこともスムーズにでき、

心地よい疲労感と開放感。



自分が寝ているベッドが分娩台に思え、

まさに再び生まれてきた感覚でした。



「今日新幹線から富士山が見えたんです!」と私。

「きっと祝福されてるんだね」とMICAさん。

ヒャー!うれしい!



しかも前日には東京大雪、関東で地震もあり、

無事に行けるのか!?と心配もしましたが

すべて順調でした。


あんなにドキドキしていたリバーシングでしたがすごく楽しかったです!

帰り際MICAさんから素敵なものもいただき

「また日本にいらしたときは受けに来たいです!なんならニューヨークでも!」

と鼻息荒く大興奮して高円寺に戻りました。



そうです。

高円寺。

これも駅に着いて風景を見て初めて思い出したのですが、

フジファブリックの志村さんが上京して最初に住んだのが高円寺だそうで。

志村さんの本に駅前のロータリーに立っている志村さんの写真が載ってました。

駅に着いて辺りを見渡して初めて思い出したのですが

無意識にもほどがあるよ私 笑



セッション後、

志村さんも歩いたであろう高円寺散策。

一人でも飲みに行けるほどルンルン気分だったのに、

お昼ご飯に食べた揚げ物でちょっと胃がもたれ気味だったのでアルコールは断念。

古着屋さんのお姉さんがかわいくて値下げ価格にもなっていたため2着購入。

MICAさんのアドバイス通り、

根菜類のおかずも偶然発見、しかも閉店直前で激安、しかも手作り!

おいしくいただきました。



高円寺楽しい!!!

今度はゆっくりしよう~っと。



そんな大充実の3月初日。



そして朝早くの新幹線で雪国に戻ると

以前来てくださったクライアントさんからのお電話。

この間のお礼にと私の大好きなシフォンケーキをわざわざ届けてくださいました。

なによりご本人の表情が前にも増して生き生きとされていたことが

最大級にうれしいです。

「私は私でいいんだ~」と再確認させていただきました。

ありがとうございます。



初のリバーシングも安心して受けることができました。

MICAさんありがとうございました。

弟、プレゼントありがとう。

私の家族、ありがとう。

私にありがとう。



by kapparinrin | 2012-03-02 21:08 | Trackback | Comments(0)

心理カウンセラー/ヒプノセラピスト・中井亜紀の日常と時々深い話。山形在住。http://suiu.jp.net/
by suiu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のコメント

めろさん ありがとうご..
by kapparinrin at 21:51
亜紀さんが100の幸せを..
by めろ at 13:02

検索

画像一覧