カラーボトルセラピスト/心理カウンセラー・中井亜紀になるまでのこと。

<   2011年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧




いきること

b0207514_12414447.jpg

デザイン:atelier・0(山口玲子)
写真提供:大久保洋子
題字:私




レイコからのお誘いで、

今回、題字『いきること』を書かせていただきました。

ありがとう。



~詳細~

日時/4月6日(水)14:00~16:30

場所/東京都大田区南蒲田1-20-20 大田区産業プラザ(Pio)

参加費/¥10,000
    (収益の一部が震災復興のための義援金として寄付されます)
    下記振込先にお振り込みいただくか、当日ご持参願います。

振込先/杜の都信用金庫本店営業部
    普通預金 1201742  
    名義人 (株)FAITH(フェイス) 代表取締役 高橋久美子

お問い合わせ/メール  reservetion@faith-heart.com
       HP  http://www.faith-heart.com/

お申し込み/お名前(複数名の方は,参加者全員の名前)
      ご連絡先電話番号(複数の場合は,代表者)を明記の上
      上記のメール宛に送信ください。






右上のわんちゃんと目が合う!

一緒になって首を傾けちゃう私。



by kapparinrin | 2011-03-31 17:30 | Trackback | Comments(4)

東日本大震災復興支援チャリティーワークショップ「いきること」のお知らせ

久しぶりにおじいちゃんを送りに山へ。

雪もだいぶ溶け、特に今日はとっても暖かい。

春の匂いがした。




地震以降、
関東に住む友達数人から電話をもらった。

最近は山形に住む私たちの生活、心が少しずつ安定してきて、
ほんのちょっぴりずつでもやれることをやっていこうと、
それぞれが無意識に思い、行動しているように見えます。

関東の友達は、
私が予想以上に元気で普通なことに驚き、
私が関東の様子を聞くと、
関東に住む人たちは地震直後からテレビで何度も同じ映像を観て、
「東北がこんなに大変なのに自分は何もできない・・・」
と心を痛めてる人が多いかんじがしました。

それぞれの場所で自分の目の前にあることから始めていけば、
それがいつか大きな力になっていきます。

仕事でも家事でも勉強でもなんでも自分が今できることから。



私が通っている
仙台ハートケアカウンセリングFAITHの朝水久美子先生、高橋克彦先生が
東京でワークショップを開催されることになりました。

東日本大震災復興支援チャリティーワークショップ「いきること」
~今私たちそれぞれができること~



地震以降の
『なんとなく不安』な気持ちを持っていらっしゃる方はぜひ・・・!



by kapparinrin | 2011-03-30 17:08 | Trackback | Comments(0)

M先生

昨夜、

珍しく寝付きが悪く、寝たかと思ったら悪夢・・・



地震の夢で、これ以上揺れないでと思いながら

必死に紫のお守りを探していたような。



がんばって?目を覚まし、

夢だった・・・と時計を見たら1時間しか経ってない。



なんだか気が休まらない毎日。



また寝たら、

大学時代のM先生が出てきた。

なんで!?



この間、その先生の話をしたからかなぁ。

M先生の授業が大好きで、

友達からも「アキはM先生の授業だけは寝ないよね」

と言われたぐらい。

他のたくさんの先生方、すみませんでした。




大好きなM先生の授業は『環境学』

M先生の授業のノートや資料はたぶん全部保管してあります。

他の先生方、すみま・・・



今、読み返しても内容が新しい。

M先生、いったいどのぐらい先を見ていらっしゃったのでしょうか。



大学1年生の時のメモに書いてありました。

『あなたが生まれたのは偶然ではありません。意味があるのです。』



私の大切なノートたち。



ちなみに私の専攻は『環境学』ではありません。
幼稚園の先生の勉強をしてました。



by kapparinrin | 2011-03-28 20:56 | Trackback | Comments(2)

「本当のこと」はどこにあるのかなぁ

ここまで来ると

正直、何が恐ろしいのかさえもわからなくなってきました!




原発ももちろん気になりますが、

気にしたところで今のところ「マスク」ぐらい・・・?

花粉症で目もかゆく、のどの中?もかゆい時期なので

どちらにしてもマスク生活です。

今日も目玉を取り外して洗いたいぐらい目がかゆい・・・



大気汚染
黄砂
化学物質
薬漬けのいろいろなもの

などなど

原発事故以前にも
体には良くないであろうたくさんのものを
すでに体内に取り入れてはいたんですよね。

ただそれらは日常に馴染みすぎて
時々ニュースで見るぐらい。
それもたぶんほんのちょっぴり、当たり障りない程度の情報かも。

きっと本気で本当を報道したら
どうなるんだろう!?

私たちが知らないことはきっと山ほどあります。

でも知らなくても生きてこられたし
(この先、今まで体に蓄積されたものでどんな影響が出るかはきっと未知)
知らないほうが精神衛生上良かったりもするのかも。


この情報が溢れる世界の中で
自分が何を信じ、
何が必要なのか不必要なのか。



この機会に五感をフル活用させて、

心が欲しているもの

身体が欲しているもの

を感じてみるのもいいかもしれません。



あと、第六感!大事~!



by kapparinrin | 2011-03-25 23:03 | Trackback | Comments(4)

柔軟な人たち

久しぶりにNちゃんとご飯。

いつもはうちでご飯を食べるんだけど
家の中でも夜は寒いので、
近所のファミレスへ。


音楽のないファミレス。

静か・・・

天井のエアコンや
ドリンクバーの音が響きます。




この2週間で
初めて経験することがたくさんありすぎて。

教科書に載っていたすごく昔の出来事や
昭和にあった出来事みたいに
いつの日かこの出来事も載るんだろうなぁ。



今月は時間の流れがおかしい。

そして何もしたくない。

無理しない。



以前の私みたいに
無理矢理前向き前向き!
何かやらなきゃ!

というようなことがなくなり、

ただひたすら時間が過ぎることを感じ、
朝の光に安心する。

とにかく『ダラダラ』しています。



あ、
そうでもないな。

感情が出てくる出てくる!

だから出しまくる!

溜め込みません!



今のところの言いたいことをほとんど言ったので
(生きてる限りこれからもいろいろ出てくるけど)、

スッキリし過ぎて気が抜けてダラダラしてるのもあるかな。

こんなに自分のことにズドンと入り込んだのも初めてかも。



今回の地震をきっかけに
自分にとって本当に必要なもの、やりたいことなどが
よりシンプルになりました。
削ぎ落とされました。

それまであんなに悩んでいたことなどが
スポーンと見事になくなり(忘れて・・・)
とにかく『自分』だけを感じていました。





昨日のファミレス、

途中からレイコも参加。



何の話したっけ???

犬や猫の話、

レイコが姪っ子から「ジージ」と呼ばれてる話。

それぞれが発する全ての言葉が

ダイヤモンドダストみたいにキラキラキラキラしてるたくさんの話。

話のエッセンスは全て、全身で感じてしみ込んでる。



「これからが楽しみだね~」

と漠然としたイメージなのに
本当にこれからが楽しみで仕方ない3人。

だって、私たちならできるもん。

うまく説明できいけど、できるしそうなることはわかってる。
理由も根拠もないけど、それさえも必要ないかんじ。




レイコを見送って
Nちゃんと歩きながら帰ってるとき、

「今度電気とかなくても遊べるもの持って行きますよ♪」
とNちゃん。

「オセロとかしようか♪」
と私。



なんというか、

この状況にいても、

楽しいし、幸せなんだな。




『柔軟さ』って人をより豊かにしてくれるキーワードかも。



by kapparinrin | 2011-03-24 22:07 | Trackback | Comments(8)

being

今日は満月だそうです。

19年ぶりに月が地球に再接近するので
大きな満月を見ることができるそうです。

今日の山形は曇り空だけど見られるといいな。

そして祈ろう。




昨日の夜
一人で怖くなったので
泣きながらレイコに電話した。

我慢しないで
泣けたり、怖いんだよ~と言えるようになった自分。
すごい進歩!

2時間ぐらい電話して、
鼻が詰まって息ができないほど泣いてたのに
大爆笑したりいろんな話をして
電話を切るころは、泣いていたことも忘れるほど復活。

いつもありがとうレイコ。



先日レイコ宅で
カウンセラーの久美子先生、克先生にお会いした。

このような状況なので再会するときは
涙を流しながら抱き合って再会を喜ぶのかな~と
想像しながらレイコ宅に伺うと、

「あら~♪」と久美子先生
克先生もいつもと変わりないどっしり感

「あれ!?普通!」

これが私にものすごい安心感を与えてくれた。


お二人ともすごい安定感・どっしり感




カウンセラー養成講座で
「カウンセラーはdoing(やること)よりもbeing(その人の在り方、存在感)が大切なんです」
ということを教えていただき、

beingってこういうことか~

存在感だけでこんなにも安心できるんだ~

と強烈な経験となりました。



『自分自身』を持つことがこんなに強くて優しいことなんだ。

すごい・・・!


いつもは仙台でお会いする久美子先生と克先生
山形でお会いできたのが新鮮でした。






いろいろ工夫しながら生活してます。

パンは売り切れなので
前にもらったパンケーキの粉でお昼はパンケーキ。
b0207514_1341783.jpg

カレーパンマン!



by kapparinrin | 2011-03-20 13:08 | Trackback | Comments(0)

離れていても

学生時代からの友達タクが

家に電話をくれた。



タクとは

入学式の次の日に

初めて会った。


私の1つ前の出席番号の男子Kくんが
別の学科の男子、タクと公Aくんを連れてきて
Fちゃんと5人で、
お花見に行った。

お花見のあとは
1時間ぐらい歩いて大きい駅に向かい、
都会っ子のタクとFちゃんは後ろでぐったりしながら歩いていたような・・・



それ以来の友達。



社会人になってから

タクは東北でも仕事をしていた。

タクも胸を痛めている。

「何もできない自分がもどかしい」

と言っていたけど、

十分やってくれてるんだよ。

こうしていろんな人に連絡してくれたり、
私のこと、私の家族のこと、お店のことまで心配してくれたり、
家族を守ろうとしていたり(実際は娘ちゃんに守ってもらってるみたいだけど)、
被災地で使えそうなものを確保してくれたり・・・


今はお互いに少しでも早く

笑顔で再会できるように、

それぞれの場所でやれることをやっていこう。



「お前は一人じゃないんだからな。いつでも連絡しろよ。」

電話切ったあと、

安心とうれしさで泣けた。



by kapparinrin | 2011-03-19 20:51 | Trackback | Comments(0)

長かった1週間

半年前からカウンセラー養成講座に通い、
今月でベーシックコースが終わる予定でした。
地震の次の日は講座の予定でした。

今は
先生方をはじめ
それぞれが「今できること」を
それぞれに感じ、考え、
1日1日を過ごしています。

カウンセラー養成講座や
カウンセリングを受けながら
私たちはとことん「自分に向き合う」ことをしています。
自分の感情に触れることをしています。

それまでは
「悲しくても私ががんばらなくちゃ」
「これぐらいどうってことない辛さだし」
「怖いなんて言ってられないよね」
など、その時に感じた悲しみや恐怖、辛さなどの感情を
封じ込めてまでも、必死に頑張ろうとしてました。


実際、私は
平成15年に母を亡くしたのですが、
「ここで私がしっかりしなくちゃダメなんだ!」
と勝手に思いこみ(当時はそんなこともわからずそれこそ必死です)
母を亡くした悲しみを封じ込めたまま、先に進んでしまいました。

きっとその時にどっぷり悲しみに浸ればよかったのです。

悲しみに浸れなかった「私」が
今でも母の死を受け入れられない「私」としているのです。

先日のヒプノセラピー(催眠療法)では
ようやくそこまでたどり着くことができました。
まずは「気づく」だけでもいいんです。
気づくだけでもすごいことです。



何が言いたいかといいますと、

「どんどん感情を出してください」


今回の地震では
私も最初は緊張の連続でしたが、
電気が復旧した次の日(だったかな)の夜、
「怖かったよー」
と急に泣けてきました。

まさるさんも言ってるように
「怖かったら怖い、辛かったら辛いって言っていいんだよ」
とその通りです。

まだまだ緊張状態で自分が何を感じているのかさえ
わからない状況かもしれません。

ふとした瞬間に
いろいろな感情が出てくるかもしれません。

どうか封じ込めないで、

泣いてもいい
怒ってもいい
叫んでもいい

大好きな人に大好きだよって言うのもいい
お父さん、お母さん大好き!もちろんいい
兄弟、姉妹、おじいちゃん、おばあちゃんに伝えるのもいい

自分の感情が出てきたときは
我慢しなくていいんですよ。

そうすると
「自分自身の復活」が早いです。


私も講座に通い始めて
ようやくそれが少しずつできるようになっています。




みんなで力を合わせましょう。
みんなで助け合っていきましょう。
一人じゃないです。みんながいます。私もいます。




こちらのブログをご紹介します。



by kapparinrin | 2011-03-18 20:30 | Trackback | Comments(0)

被災地の声 2

多賀城のまさるさんのブログです。
11日のことや、
要望が書いてあります。



今日の東北は真冬のように寒く、雪も降っています。

まさるさんをはじめ
たくさんの方が寒い夜を過ごしておられます。

うちは家があるので恵まれてるのですが
電気・燃料節約をしているので、
ほとんど外と変わらない室温です。

寒いと
体温を維持するためか、お腹が異常に空き、
体力温存しようとするのか、ものすごく眠たくなります。

冬山で遭難したときはきっとこのような状態なのではないかと思います。


この寒さで、被災地の方々の体力も心配になります。

少しでも早く・速く
物資や燃料、電気・水道・ガスなどが復旧することを願っています。



太陽の暖かい日差しがほしい。



by kapparinrin | 2011-03-17 20:55 | Trackback | Comments(0)

被災地の声

まさるさんがブログにコメントくれました。

まさるさんは多賀城で被害に遭われました。

そこでの現状です。



by kapparinrin | 2011-03-16 22:58 | Trackback | Comments(2)

カラーボトルセラピスト/心理カウンセラー・中井亜紀。山形在住。http://aki-nakai.com/
by suiu
プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

最新のコメント

めろさん ありがとうご..
by kapparinrin at 21:51
亜紀さんが100の幸せを..
by めろ at 13:02

検索

画像一覧